飲食店

コンピテンシー項目の例

「コンピテンシー」と言われても、具体的にどういったものかイメージをしづらいかと思いますので、コンピテンシーの要素の一例をご紹介します。

≪コンピテンシーの要素≫

  1. 計画の遂行
  2. チームワーク

≪コンピテンシー要素の定義≫

  1. 業務の遂行のために計画を立て、滞りなく遂行していく
  2. 自分の役割を理解し、グループやチームの中で役割をまっとうする

 

コンピテンシーとは成果を出す人の行動特性のことなので、具体的な要素の定義は、「どういった行動をするか」というものになります。

上に挙げたものはほんの一例であり、必要とされるコンピテンシーは会社、部署、職種などによっても変わってくるものです。たとえば、飲食店で働いている人が持っているべきコンピテンシーは顧客満足に関する行動についてかもしれませんし、経営に携わる人が持つべきは会社を俯瞰したマネジメントに関する行動についてかもしれません。

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss