職種

導入のメリット

応募書類簡単アップロード機能

応募者の資料はZIPファイルにて一括アップロードが可能です。PDFファイルの名前をルール化することでシステムが自動的にファイルを認識し、正しく応募者と紐づけを行います。資料のファイリング、コピー、並び替え、事前発送などの手間とコストを削減できます。

評価結果自動集計機能

面接官が入力した評価結果は即時にサーバーに保存され、管理画面に反映されます。複数の面接官の評価結果も自動集計されます。評価結果は項目ごとに並び変えが可能ですので、あらゆる視点で応募者を比較することが可能です。資料の回収、集計作業が不要であるため、合否判断が格段にスピードアップします。また、集計作業での人為的ミスを防止します。

オリジナル評価表作成機能

Good Asssessorでは「縦型」「横型」「プロブスト法」の3パターンの評価表レイアウトを用い、人事採用ご担当者様により自由に、簡単に自社オリジナルの評価表を画面上に作成することが可能です。評価表は複数作成、利用することが可能です。新卒採用、中途採用、職種、個人面接、グループワークなど、異なる評価表を用いる場合にも1つのシステムで運用が可能です。

面接官評価傾向分析機能

面接官が記入した評価結果がすべてデータで得られますので、面接官ごとの評価の癖や次選考以降の合格率、適性検査の結果との照合など今まで以上に詳細なデータ分析が可能となります。

 

プロブスト法評価表機能

Good Assessorでは、プロブスト法を用いた評価表を作成することが可能です。大きな4つのカテゴリとそれに紐づく各10ずつの小項目は各社様の管理画面で編集することができ、またその重要度を-10~+10で設定することが可能です。面接官は面接で見受けられた特徴をクリックするだけで応募者の自社とのマッチング度を確認することができますので、先入観にとらわれない、ブレない評価結果を収集することが可能となり、評価制度が向上します。

次面接への評価結果自動引き継ぎ機能

記入済評価表は自動的に次の面接官に閲覧させることも可能です。複数の面接官による評価結果もすべて1枚に集計、集約して表示させます。次ステップ以降の面接官にこれまで引き継ぎきれていなかったより詳細な評価をすべて引き継ぐことが可能であるため、面接官同士の情報共有、目線合わせがより容易になります。

 

応募者書類閲覧機能

面接官は独自のID/PASSを使って本システムにログインすることにより、セキュアな環境で応募者の書類の閲覧が可能です。面接官が資料を持ち運ぶことがなくなりますので、個人情報漏えい・資料紛失のリスクを回避できます。

 

タグ:

面接  面接官  評価  グループワーク  応募者  採用  グループ  選考  評価表  個人情報  中途採用  個人面接  自社  項目  システム  簡単  情報  資料  確認  重要  可能  新卒採用  人事  プロブスト  新卒  複数  分析  利用  設定  作成  データ  判断  中途  管理  次面接  結果  特徴  傾向  Good  比較  合否  Assessor  手間  ワーク  合格  機能  アップ  セキュリティ  作業  向上  視点  リスク  評価結果  サーバ  入力  アップロード  人事採用  以上  個人  コスト  書類  ステップ  PDF  適性検査  管理画面  担当者様  目線  削減  ファイル  担当  サーバー  評価制度  記入  共有  先入観  事前  ブレ  適性  ログ  応募  応募書類  精度  紛失  集計  セキュア  閲覧  防止  認識  詳細  マッチ  環境  レイアウト  次選考  ma  一括  集計作業  見受  収集  自由  反映  保存  以降  オリジナル  不要  コピー  面接官同士  目線合  パターン  ルール  自動的  ミス  表示  回避  容易  即時  名前  回収  合格率  応募者書類閲覧機能  応募書類簡単  職種  評価表作成  評価結果自動引  自動集計  独自  照合  画面上  画面  評価表作成機能  ZIP  面接官評価傾向分析機能  面接官評価  PASS  運用  集約  重要度 

コンピテンシー項目の例

「コンピテンシー」と言われても、具体的にどういったものかイメージをしづらいかと思いますので、コンピテンシーの要素の一例をご紹介します。

≪コンピテンシーの要素≫

  1. 計画の遂行
  2. チームワーク

≪コンピテンシー要素の定義≫

  1. 業務の遂行のために計画を立て、滞りなく遂行していく
  2. 自分の役割を理解し、グループやチームの中で役割をまっとうする

 

コンピテンシーとは成果を出す人の行動特性のことなので、具体的な要素の定義は、「どういった行動をするか」というものになります。

上に挙げたものはほんの一例であり、必要とされるコンピテンシーは会社、部署、職種などによっても変わってくるものです。たとえば、飲食店で働いている人が持っているべきコンピテンシーは顧客満足に関する行動についてかもしれませんし、経営に携わる人が持つべきは会社を俯瞰したマネジメントに関する行動についてかもしれません。

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss