正直

成績表を面接で活用するには?

エントリーシート(履歴書)の面接で本質はつかみづらい

現在の採用では、多くの企業でエントリーシートや履歴書に書いていることに沿った話をしながら面接をしています。実はここに学生の本質の見極めが難しくなる原因があり、それにはエントリーシートの3つの性質が関係してきます。

1.応募者が「したかった活動」について書かれている

したかった活動とはつまり、アルバイトやサークル活動といった課外活動です。これらのテーマについて、応募者がどんな大変なことをしたかと聞いても、結局それは自分のやりたいことについてどう行動したかを聞いているのです。

2.応募者が「伝えたいこと」について書かれている

たとえば、いままで一番辛かったことは何ですかと聞いて、正直に答える応募者はいないでしょう。応募者はたとえ一番辛かった経験ではなくても、こういうふうに頑張った、こういうふうに乗り越えたという話ができるような経験を選んで話すものです。

3.応募者による「自己評価」である

応募者は嘘をつくことはあまりありませんが、話を「盛る」ことはよくあることです。話の盛り方は主に次の3つがあります。

  1. 数字を盛る
    例:10人のサークル→100人のサークル
  2.  結果を盛る
    例:不満続出のイベント→大成功したイベント
  3. 役職を盛る
    例:役職なし→副部長

エントリーシートに沿って話をする面接で応募者の本質を見抜くのが難しいのは、上記3つの性質により、エントリーシートが応募者の「伝えたいことを脚色した」ものとなっているからです。

 


【具体例に学ぶ】マナー、ポイント、NG質問例

面接・人物評価にあたっての姿勢や留意点

  1. 正直に接する
    分からないことは分からないという。事実と自分の考えは区別して話しましょう。また、自社の課題も聞かれた際には、隠さず話しましょう。理想や良い部分を伝えるだけでは、信ぴょう性もありません。

  2. ネガティブな表現を控える
    競合他社や上司、会社等の悪口を言わないようにしましょう。応募者のモチベーションを落としてしまいます。また、応募者を否定する発言も好ましくありません。気を付けましょう。(ex元気がないですね)
     
  3. 専門用語を多用しない
    応募者に分からない用語を出しても伝わりません。相互理解を深めるためにも、共通言語や平易な言葉で、コミュニケーションを取ることが大切です。
     
  4. 携帯電話のスイッチを切っておく
  5. 面接中は他の社員を入室させない(電話のことづけなど)
  6. 応募者に対して、まっすぐに向き合う(ふんぞりかえって座ったり、足を組んだりしない)
     

 

面接の時間配分に配慮を

時間配分も気を付けましょう。経験の浅い面接官は「自分と価値観が近い」「好印象を持った」応募者とは面接時間が長くなり「自分と価値観が合わない」「悪印象を持った」応募者とは短時間の面接になりがちです。応募者の予定も考慮し、あまり長すぎる面接をしないことも重要です。反対に短すぎる面接ですと「きちんと見られているのか分からない」「なぜ、自分が選考を通過したのか分からない」という印象を応募者に与えてしまいますので、適度な長さで行うようにします。また、応募者が複数人での面接では、割振り時間を均等にすることも忘れてはいけません。最初の回答者が長く発言すると、つられて後の回答者も長くなる傾向があるため、時間コントロールができなくなります。

 

不採用者の対応について

不採用者に対して、配慮が足りないことも少なくありません。これは大変残念なことだと思います。たとえその人物が不採用になったとしても、応募者に対しては人格を尊重するのはもちろんのこと、数ある企業の中から選考を進んでくれたことに対して感謝しなければならないでしょう。面接では短時間で相手の良い側面を発見したとは言えないかもしれませんし、合否の判断も社内における採用枠に対する応募者の相対評価に過ぎません。それに応募者も商品やサービスを通じて、何らかの形で今後も関わりを持つお客様と考えると、なおさら十分な気配りが必要でしょう。具体的に言えば、合格者だけでなく、不合格者にも不採用の連絡を入れる、文書であれば「親展」にして封書で送る、電話であれば直接本人宛で伝える、など相手の気持ちを考慮した対応が求められます。もちろん面接中に不採用を確信したとしても、残りの面接時間で手を抜くことがないように心がけましょう。

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss