名以上

導入事例

BEFORE

  1. 1回の面接に面接官が5名以上いるため、集計作業に時間がかかる。
  2. 評価軸が統一されておらず、評価の共有会議に時間がかかる(これまでは面接実施日に毎日評価会議を行っていた)。
  3. 面接資料の印刷にコストと手間がかかる。

 

AFTER

  1. 評価結果が自動で集計されるため、集計作業がなくなった。
  2. 統一された項目でジャッジし、評価の高い順で並び替えられるため、議論が不要になった。毎日実施していた評価会議が、最終日のすり合わせのみとなった。
  3. ペーパーレス化できた。

 

お客様の声

紙の使用が圧倒的に減り、社内からも高く評価されています。当初心配していた50代部長(iPadを使ったことがない)でも問題なく操作することができ、トラブルなく面接が遂行できたことはとても良かった点です。また、管理画面より評価結果を即時に見ることができ、点数が高い順・低い順に並び替えられるので、人事での評価会議・合否判定にかかる時間が圧倒的に短くなりました。最後に、面接官ごとの評価の傾向(どのような学生を高く評価するのか)が、つかめたことも当社にとって大きなメリットでした。

面接官の調整

面接官はなるべく複数で

面接官をアサインすることは大変な労力を要しますし、現場の協力も仰がなくてはなりませんので必ずとは言えませんが、可能な限り面接は2名以上の面接官で実施することをお勧めいたします。なぜなら、自分の目線が他の面接官と比べて揃っているのかそうではないのか、1人の面接では判断ができないからです。面接後、応募者にどのような印象を持ったか、能力スキルをどのように評価したかを別の面接官とすり合わせることで面接官の面接スキル・精度が上がっていきます。

 

面接官のドタキャンに対応できる体制を

人事採用担当者が面接官のアサインをするに当たり非常に困ることは、直前や当日での面接官のキャンセルです。面接官は現場の事情、トラブルなどで面接に参加できなくなる場合があります。どのようなケースでも面接を最優先してもらえるよう、事前の依頼が重要ですが、時にはインフルエンザなど避けられない理由もあるでしょう。そのような場合に応募者のスケジュールを調整できないことも見越して、最低1名は面接官の代打として動ける人員を用意することができれば安心です。

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss