俯瞰

コンピテンシー項目の例

「コンピテンシー」と言われても、具体的にどういったものかイメージをしづらいかと思いますので、コンピテンシーの要素の一例をご紹介します。

≪コンピテンシーの要素≫

  1. 計画の遂行
  2. チームワーク

≪コンピテンシー要素の定義≫

  1. 業務の遂行のために計画を立て、滞りなく遂行していく
  2. 自分の役割を理解し、グループやチームの中で役割をまっとうする

 

コンピテンシーとは成果を出す人の行動特性のことなので、具体的な要素の定義は、「どういった行動をするか」というものになります。

上に挙げたものはほんの一例であり、必要とされるコンピテンシーは会社、部署、職種などによっても変わってくるものです。たとえば、飲食店で働いている人が持っているべきコンピテンシーは顧客満足に関する行動についてかもしれませんし、経営に携わる人が持つべきは会社を俯瞰したマネジメントに関する行動についてかもしれません。

成績表の活用について

成績表の情報を用いた面接では、エントリーシートを用いたときとは違った面接をすることができます。

1.しなければならない活動(授業やゼミ)について話すことが可能

会社に入ったら自分のやりたいことばかりをやっていくことはできません。学校での授業も自分のやりたいことばかりではないので、自分のやりたくないことに対してどんな感情を持ち、どんな行動をし、どんな成長をしたかなどを確かめることができます。

2.全体を俯瞰しこちらの知りたい部分を聞くことが可能

エントリーシートや履歴書では応募者が書きたいこと、伝えたいことを書いていますが、成績表はどの学校でもフォーマットが同じなので、どんなことを知りたいからどんな質問をすればよいかが応募者によらずにある程度同じとなります。

3.成績表は「他者評価」である

成績表は「他者評価」であるので、「頑張ったこと」を「得意なこと」として応募者自身がアピールしようとしたり、話を盛ったりするのが難しくなります。

 

エントリーシートや履歴書を面接で用いると、応募者のやりたかったことの話を聞くことができるので、応募者が「やりたいこと」をやれているときにどんな能力を発揮するのかということがわかります。しかし、面接で見極めたいものはそれだけでしょうか。

応募者が「やりたくなかった」、「興味のなかった」授業に対する情報が載っている成績表を面接で用いることで、応募者が「やりたくないこと」、「興味のないこと」をやっているときに、どんな感情を持ってどんな行動を取るのかという部分も見ることができるようになります。

※成績表を用いた面接手法の具体的活用法に関するセミナーレポートのダウンロードはこちら

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss