ホーム » タグクラウド » エントリーシート

エントリーシート

ホーム

マイページ不要&低価格!(使った分だけ課金する従量課金制)
大手BtoB企業様、中堅・中小企業様のための評価表システムです。


タブレット型面接支援システム【GoodAssessor】

これまでの面接では履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの多くの紙資料が使われてきました。

 

面接を実施するたびにコピーしては廃棄の繰り返し。そこで、株式会社パフでは、紙資料をデータ化してクラウド上で管理できる面接支援システム【GoodAssessor】を開発しました。

 

面接官はタブレット上に表示される資料を確認しつつ、そのまま評価を入力。入力された評価はすべて管理画面で自動集計されます。GoodAssessorは、より効率的な、そしてよりセキュアな面接業務を実現します。

お問い合わせはこちら

ピックアップコンテンツ//面接の戦略設計から具体的な手法まで一挙公開//

具体的な面接手法のご紹介

面接手法について基礎からおさらいできるコンテンツです。さらに、評価の質を高める最新の面接手法「プロブスト法」についてもご紹介。

WEBでできる面接官研修!

実際に面接を担当する面接官だけでなく、面接官研修を企画する採用担当者様にもきっと役立つコンテンツ。是非ご覧ください。

お問合せ

選考フローの組み立て方

選考フローを組み立てるに当たり、定義した人材要件をどのステップで確認するのか決めていくと良いでしょう。前述の通り、用いる手法(グループディスカッション、筆記試験等)によって確認できる項目が異なりますので、その段階で見極めたい要件にマッチした手法を取り入れるとよいでしょう。また採用の効率を考えると、当然ですがエントリーシートや筆記試験、グループディスカッションなど多くの人数に対応できる手法を前段階に配置し、面接の負荷を減らす工夫も有効です。ただし、自社で確認したい要件がそれらのスクリーニング手法では見極められないのであれば、思い切って全員と面接を行うフローを作ってみてもよいかもしれません。

採用時に必須となるノックアウト要件が不足している応募者を選考ステップの後半まで進めても両者にとって良いことはありませんので、初期選考段階でノックアウト要件を見極めていくことが必要です。また、ノックアウト要件については1次面接で確認したとしても、次面接以降でも重ねてチェックすることで採用のミスをなくしていくことができるでしょう。

また、2次面接、3次面接と重ねる場合には前面接での評価や残っている懸念点を次の面接官にしっかり引き継ぐことで採用全体を効率的で効果的にしていくことができます。ですから、評価表は合否の結果だけではなくヒアリングした内容、なぜそのように評価したのかといった理由をなるべくたくさん残していく事が重要ですし、それらをすべて次の面接官へと引き継ぐ仕組みが必要です。

 

適切な面接回数・時間の設定

新卒採用であれば、筆記試験やグループワークの他に行う「面接」の回数は以下が一般的と言えます。

文系:2~5回程度
理系:2~3回程度

理系の学生は研究活動が忙しいため、拘束時間が長くならないよう選考フローを組み立てるとよいでしょう。回数が少ない分、理系の面接では研究内容発表を入れるなどして、技術力や研究に対する取り組み姿勢を具体的に確認するケースも見受けられます。
中途採用であれば、2~3回の面接で採用を決定するケースが多いようです。ポジションごとに応募を受け付けていることが多いため、1次面接から配属予定の現場社員が面接をするケースが一般的です。
面接時間は会社によって様々ですが、2~3人の集団面接で30~45分程度、個人面接で30~1時間程度とるケースが一般的です。時間を割いてじっくりと深いヒアリングをすれば、応募者の志望度も上がりますので、志望度とのバランスを見ながら面接時間を調整すると良いでしょう。

成績表を面接で活用するには?

エントリーシート(履歴書)の面接で本質はつかみづらい

現在の採用では、多くの企業でエントリーシートや履歴書に書いていることに沿った話をしながら面接をしています。実はここに学生の本質の見極めが難しくなる原因があり、それにはエントリーシートの3つの性質が関係してきます。

1.応募者が「したかった活動」について書かれている

したかった活動とはつまり、アルバイトやサークル活動といった課外活動です。これらのテーマについて、応募者がどんな大変なことをしたかと聞いても、結局それは自分のやりたいことについてどう行動したかを聞いているのです。

2.応募者が「伝えたいこと」について書かれている

たとえば、いままで一番辛かったことは何ですかと聞いて、正直に答える応募者はいないでしょう。応募者はたとえ一番辛かった経験ではなくても、こういうふうに頑張った、こういうふうに乗り越えたという話ができるような経験を選んで話すものです。

3.応募者による「自己評価」である

応募者は嘘をつくことはあまりありませんが、話を「盛る」ことはよくあることです。話の盛り方は主に次の3つがあります。

  1. 数字を盛る
    例:10人のサークル→100人のサークル
  2.  結果を盛る
    例:不満続出のイベント→大成功したイベント
  3. 役職を盛る
    例:役職なし→副部長

エントリーシートに沿って話をする面接で応募者の本質を見抜くのが難しいのは、上記3つの性質により、エントリーシートが応募者の「伝えたいことを脚色した」ものとなっているからです。

 


成績表の活用について

成績表の情報を用いた面接では、エントリーシートを用いたときとは違った面接をすることができます。

1.しなければならない活動(授業やゼミ)について話すことが可能

会社に入ったら自分のやりたいことばかりをやっていくことはできません。学校での授業も自分のやりたいことばかりではないので、自分のやりたくないことに対してどんな感情を持ち、どんな行動をし、どんな成長をしたかなどを確かめることができます。

2.全体を俯瞰しこちらの知りたい部分を聞くことが可能

エントリーシートや履歴書では応募者が書きたいこと、伝えたいことを書いていますが、成績表はどの学校でもフォーマットが同じなので、どんなことを知りたいからどんな質問をすればよいかが応募者によらずにある程度同じとなります。

3.成績表は「他者評価」である

成績表は「他者評価」であるので、「頑張ったこと」を「得意なこと」として応募者自身がアピールしようとしたり、話を盛ったりするのが難しくなります。

 

エントリーシートや履歴書を面接で用いると、応募者のやりたかったことの話を聞くことができるので、応募者が「やりたいこと」をやれているときにどんな能力を発揮するのかということがわかります。しかし、面接で見極めたいものはそれだけでしょうか。

応募者が「やりたくなかった」、「興味のなかった」授業に対する情報が載っている成績表を面接で用いることで、応募者が「やりたくないこと」、「興味のないこと」をやっているときに、どんな感情を持ってどんな行動を取るのかという部分も見ることができるようになります。

※成績表を用いた面接手法の具体的活用法に関するセミナーレポートのダウンロードはこちら

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss