ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

values mission 戦略

ホーム

...り効率的な、そしてよりセキュアな面接業務を実現します。 豊富な面接支援コンテンツで面接業務を支援いたします ピックアップコンテンツ//面接の戦略設計から具体的な手法まで一挙公開// 具体的な面接手法のご紹介 面接手法について基礎からおさらいできるコンテンツです。さらに、評価の質を高める最新の面接手法「プロブスト法」につい...

続きを読む

面接企画【戦略編】

... 採用における戦略の重要性 優秀だと思って採用した人が入社後成長しなかった、問題を起こしたという経験をお持ちの企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。また、欲しいと思う人材に魅力を感じてもらえず辞退されてし...

続きを読む

面接官の人選は適切だったか?

...することが求められます。一般的に、選考初期段階では若手社員が面接官を担当し、その後中堅、最終段階では役員クラスが面接を担当することが多いようです。しかし、それはなぜかということを人事担当者が理解し、戦略性をもって配置していることはまれです。自社の採用があくまで習慣にのっとった戦術をとっていないか、改めて振り返ってみてください。とはいえ、若手―中堅―役員という並び順には多くの企業が採用する理由があり...

続きを読む

戦略的な人材要件定義と評価基準の設定

会社のMVV(Mission Vision Values)を達成する人材の定義 まず重要となってくるのは、企業が必要とする人材像をどのように定義すべきかという点です。 それぞれの会社で活躍する人材は異なります。たとえば同じホテル業界でも、ある内資系のホテルではお客さまの心に入り込み寄り添える「親密な」コミュニケーションが取れる人材が活躍しており、ある外資系のホテルではお客さまと一定の距離を保ちながら「スマートで心地よい」コミュニケーションが取れる人材が活躍しているという話を聞きました。業務の特性から必要となるスキルはもちろんですが、このように会社が目指すサービスの方向性や社風などを含めた「自社らしさ」の違いから、活躍する人材像は千差万別と言えそうです。 ...

続きを読む

人材要件定義の手法

...でしょう。 ※「人材ポートフォリオ」とは、事業活動に必要な人材タイプを明確化した上で、組織内の多様な人的資源を分類し、どの人材タイプがそれぞれ何人いるか、あるいは必要となるかを分析したもの。企業戦略や目標を実現するために最適な人材タイプの組み合わせを設計するのが目的で、採用や育成を含めた中・長期の戦略的HRMの立案・実行に欠かせないツールとして注目されています。(日本の人事部 用語辞典から引用...

続きを読む

活躍する人材が入社する採用戦略設計

...者の帰属意識・モチベーションを高める ③ワクチン効果(入社後の定着向上)  企業や仕事に対する過剰な期待を事前に緩和し、入社後の幻滅感(ギャップによるモチベーション減少)を和らげる。 RJP採用戦略の全体像 ポイントは「採用基準に達しない人材を落とす」選考ではなく、「採用基準に合わない人材が自ら辞退し、採用基準にマッチする人材は活躍を確信し志望度を高めていく」という仕組みを作ることです。万...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss