ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

jinnji 面接手法

ホーム

... 豊富な面接支援コンテンツで面接業務を支援いたします ピックアップコンテンツ//面接の戦略設計から具体的な手法まで一挙公開// 具体的な面接手法のご紹介 面接手法について基礎からおさらいできるコンテンツです。さらに、評価の質を高める最新の面接手法「プロブスト法」についてもご紹介。 WEBでできる面接官研修! ...

続きを読む

面接実施【手法編】

... 最適な面接手法を選択する 面接には、主に下記のような複数の手法が存在します。それぞれに長所、短所があり、会社の状況や求める人物像、そして採用市場の動向に応じて、選考ステップごとに面接の目的をはっきりと決定し...

続きを読む

評価方法と評価基準は守られたか?

...理由に挙げられますが、面接後にこそ振り返りをしておくべきでしょう。特に次年度以降も面接官を担当する場合、自身の面接官としての評価を振り返ることでノウハウや経験を正しく蓄積することができます。誤った面接手法に気づかないまま次年度を迎えることは、採用活動全体へのリスクに他なりません。こういったリスクを回避し、次年度の採用面接の質を向上させるために面接後の振り返りを行いますが、その目的は次の3つにまとめ...

続きを読む

面接の基本3形式

...ることも可能。テーマの設定を失敗すると、応募者の志望度を下げることがある。またきちんと評価基準を決めておかないと、単純に発言量が多い応募者に評価が集中しがち。   以降では、それぞれの面接手法について詳細に考えていきましょう。 ...

続きを読む

個人面接

...かい要素の見極めが可能 応募者に「じっくり見てもらえた」という納得感を持たれやすい デメリット 選考に時間がかかる。また多くの面接官(人的コスト)が必要   また、下記に前述の「的確な面接手法を選ぶために、チェックすべき要素」に沿って、個人面接の特徴を考えていきましょう。 1.採用人数(何人採るか) 個人面接は、「多数の応募者を短時間で選考する」ことには向いていないため、採用人...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...ことで相対的な評価になり、一人ひとりの応募者について細かい要素の見極めが難しい 応募者にも「じっくり見てもらえた」という納得感を与えにくく、志望度アップには向かない また、下記に前述の「的確な面接手法を選ぶために、チェックすべき要素」に沿って、グループ面接の特徴を考えていきましょう。 1.採用人数(何人採るか) グループ面接は「多数の応募者を、短時間で、単純な基準で選考する」ことに向き...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss