ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接 質問 アイスブレイク

MVV が大切

戦略的な人材要件定義と評価基準の設定

...会社のMVV(Mission Vision Values)を達成する人材の定義 まず重要となってくるのは、企業が必要とする人材像をどのように定義すべきかという点です。 それぞれの会社で活躍する人材は異な...

続きを読む

人材要件定義の手法

... 4つの代表的な手法 MVVに基づいた人材要件定義をすべきであるとお伝えしましたが、実際にはどのような手法・ステップを用いて定義を進めれば良いのでしょうか。様々な手法がありますが、ここでは代表的な4つの手法をご紹介いたします。...

続きを読む

グループディスカッション選考とは?

...とも可能です。極端な話だと、グループ内の合格者が0人のケースもあれば、全員合格のケースもあります。グループディスカッションとは言え、グループ内での相対評価をする訳ではなく、応募者個々人を評価することが大切です。   グループディスカッション選考の目的 グループディスカッションの目的は様々ですが、例としては次のようなものが挙げられます。目的を明確にした上で、メリットとデメリットを把握し、...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

...のか ・就職に必要なものとは ・就職活動はなぜ必要か ・履歴書に学校名を書くことの是非   【会社・仕事関連】 ・正社員とアルバイトの違いは何か ・やりがいと給料のどちらが大切か ・仕事ができるということは、どういうことか ・会社も社員も納得できる評価制度とは   【ディベート関連】 ・朝食はパンかご飯か ・サッカーと野球、日本人が活躍しているの...

続きを読む

評価基準を理解する

...面接に臨んでしまっては、自社に本当に必要なコミュニケーション能力を持つ人を見極めることなどできません。ですから「顧客に分かりやすく伝えられる説明能力の高い人」のように、できるだけ細かく言語化することが大切です。 また、求める人物像を考える際は、社内でディスカッションする時間を設け、さまざまな立場の人が意見を出しえるのが最適です。通常業務の中で各部署が集まるようなまとまった時間を取るのは難し...

続きを読む

面接官が応募者の志望度を決める!

...える技術も身に着けておきましょう。必ずしも賛同できない回答があった場合、否定せず「~ということですね」や「それはつまり~ということですね」など、相手の言葉を受け止めて、発言内容に対して反応を返すことが大切です。   3.ジャッジする力(評価する力) 評価するにあたっての注意事項も幾つかご紹介します。まず一つは「評価に正解はない」という事を認識しておくべきです。「何年やっていてもジ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss