ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

飲食店 標準化  タブレット

構造化面接とは?

...面接とは、面接での評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを応募者によらず決まったものにした面接のことで、質問方法など面接のやり方を面接官に任せる自由面接に比べ、面接の評価が安定します。構造化・標準化された質問や評価をしていくことで、面接官の主観を排除し客観的な評価ができ、その効果は日米の様々な研究で実証されています。 また、別ページで紹介しているコンピテンシー面接でも、この面接の構造化を...

続きを読む

構造化面接と自由面接の違い

...面接 特徴 ・評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを構造化する ・面接官、応募者ごとに自由な質問、評価をする メリット ・標準化、構造化により評価が安定する ・面接官ごとの主観によるブレを軽減できる ・評価項目、質問項目があらかじめ決まっているので、企業が知りたいことを聞き出すことができる ・応募者の...

続きを読む

コンピテンシー項目の例

...な要素の定義は、「どういった行動をするか」というものになります。 上に挙げたものはほんの一例であり、必要とされるコンピテンシーは会社、部署、職種などによっても変わってくるものです。たとえば、飲食店で働いている人が持っているべきコンピテンシーは顧客満足に関する行動についてかもしれませんし、経営に携わる人が持つべきは会社を俯瞰したマネジメントに関する行動についてかもしれません。 ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss