ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

面接資料 採用担当

ホーム

...ツです。さらに、評価の質を高める最新の面接手法「プロブスト法」についてもご紹介。 WEBでできる面接官研修! 実際に面接を担当する面接官だけでなく、面接官研修を企画する採用担当者様にもきっと役立つコンテンツ。是非ご覧ください。 ...

続きを読む

タブレット型面接支援システム【GA】について

導入のメリット ≪手間・コストの削減≫ 面接資料の準備や、面接後の評価の集計といった作業にかかる手間を大幅に削減することができます。   ≪評価制度の向上≫ 「プロブスト法」という手法を用いた面接評価表の使用により、面接官ごとの評価のブレを軽減します。 ...
... ところが、面接を実施するには多くの付随業務が発生し、非常に手間がかかるのも事実です。たとえば、応募者と面接官の日程をすり合わせて調整したり、応募者に関する書類(履歴書や職務経歴書、各種証明書類など)を面接官の人数分準備をしたり、そして面接官の評価をすりあわせて応募者の合否を決め、応募者に次の選考の連絡をしたり。昨今では個人情報保護の重要性も高まっており、応募者の書類の管理業務も複雑かつ慎重な取り扱いが必要になってきました。採用活動は多くの個人情報を扱うがゆえに、個人情報の漏洩、紛失は企業のコンプライアンスを揺るがし、事業活動にも影響を与えるようになっています。 そのような人事採用担当者様の業務を効率化し、個人情報についてもセキュアな管理を実現するために開発したものが、面接支援システム「GoodAssessor」です。 Good Assessorの全体像 Good ...

続きを読む

よい面接官とダメな面接官

...動機づけは間違った人材の入社を防ぐ手立てとなります。このように、応募者の状況を見極めつつ動機形成をすることも面接官に求められます。   4.情報伝達 人物評価で見極めた情報を、人事採用担当者や次選考の面接官へ引き継ぐ必要があります。応募者の内的状況として自身が評価できた項目はもちろんですが、次選考で確認すべきことや、入社に向けて心配な点はなにかも重要な点です。また、応募者の外的な状...

続きを読む

評価方法と評価基準は守られたか?

...評価項目の確認(質問)方法のパターンはないか、評価表や申し送り事項をもっと役立つものにするにはどうすればいいか、など、次回以降の面接時にすぐに役立つ視座を得ることができるでしょう。 また、人事採用担当者は面接を振り返ることで、評価項目と評価手法が正しくマッチしていたかを確認しておかなければなりません。面接の評価表の作り方についても常に改善が必要でしょう。記入の方法がわかりづらい、評価表のフォー...

続きを読む

陥りやすい評価失敗例

...陥りやすい評価失敗例 面接はほとんどの場合、やりなおしができません。だからこそ、事前の準備が重要です。特に初めて面接官を担当する人や、そのような人に面接を依頼する人事採用担当者は、事前準備を怠らないようにしましょう。さらに、面接官の経験が長い人も、定期的に自己を振り返り、適切かどうかチェックすることをお勧めします。「面接」という業務は成否がわかりづらく、往々にして「面...

続きを読む

導入事例

...RE 1回の面接に面接官が5名以上いるため、集計作業に時間がかかる。 評価軸が統一されておらず、評価の共有会議に時間がかかる(これまでは面接実施日に毎日評価会議を行っていた)。 面接資料の印刷にコストと手間がかかる。   AFTER 評価結果が自動で集計されるため、集計作業がなくなった。 統一された項目でジャッジし、評価の高い順で並び替えられるため、議論が...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss