ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接 質問 アイスブレイク

面接資料 データ

ホーム

...r】 これまでの面接では履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの多くの紙資料が使われてきました。   面接を実施するたびにコピーしては廃棄の繰り返し。そこで、株式会社パフでは、紙資料をデータ化してクラウド上で管理できる面接支援システム【GoodAssessor】を開発しました。   面接官はタブレット上に表示される資料を確認しつつ、そのまま評価を入力。入力された評価はすべて管...

続きを読む

タブレット型面接支援システム【GA】について

導入のメリット ≪手間・コストの削減≫ 面接資料の準備や、面接後の評価の集計といった作業にかかる手間を大幅に削減することができます。   ≪評価制度の向上≫ 「プロブスト法」という手法を用いた面接評価表の使用により、面接官ごとの評価のブレを軽減します。   ≪セキュリティの強化≫ 面接に関わる資料をすべてデータで管理することにより、従来紙資料で起こっていた紛失のリスクがなくなります。   Good Assessorを導入することにより面接が効率化、セキュアになります。 採用活動の中心はいうまでもなく面接です。今ではインターネットの普及によって、求人をかけると人事が処理しきれないほどの応募者が集まることも多く見られます。しかし、数多の応募者を選考できる人数に減らすことが人事担当者の活動ではなく、入社ご自社を大きく発展させてくれる人材を見極めることが本来、人事担当者が集中すべき業務です。そしてそのような人材を選ぶには、面接という手法がもっとも適切です。 ...

続きを読む

導入のメリット

...ことが可能です。新卒採用、中途採用、職種、個人面接、グループワークなど、異なる評価表を用いる場合にも1つのシステムで運用が可能です。 面接官評価傾向分析機能 面接官が記入した評価結果がすべてデータで得られますので、面接官ごとの評価の癖や次選考以降の合格率、適性検査の結果との照合など今まで以上に詳細なデータ分析が可能となります。   【2】評価精度の向上 プロブスト法評価表機能 ...

続きを読む

導入事例

...RE 1回の面接に面接官が5名以上いるため、集計作業に時間がかかる。 評価軸が統一されておらず、評価の共有会議に時間がかかる(これまでは面接実施日に毎日評価会議を行っていた)。 面接資料の印刷にコストと手間がかかる。   AFTER 評価結果が自動で集計されるため、集計作業がなくなった。 統一された項目でジャッジし、評価の高い順で並び替えられるため、議論が...

続きを読む

FAQ

...Cを使って面接を行うと学生に与える印象が悪くなるのではないでしょうか Q4:年輩の面接官はタブレット端末に抵抗があるように思います 省力化について Q5:応募者一人ひとりにスキャンしたPDFデータを紐づけるのは大変な作業のように感じます Q6:確かに手間が削減できるように感じますが、より省力化することはできますか その他 Q7:一体型のマイページはありますか Q8:新卒採用と中途採...

続きを読む

人材要件定義の手法

...社員に対し適性検査などのアセスメントを用い「ハイパフォーマンス社員」と「一般社員」の統計的な差を分析することにより自社における成果を出すための重要なファクターを視覚化します。また、新卒社員の応募時のデータが蓄積されているようであれば、数年前の応募時のデータを分析に用いることもできるでしょう。 ただし、この分析だけでは「単語」しか得ることができません。ある営業会社では営業のハイパフォーマー社員は...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss