ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

面接とは

面接実施【手法編】

...採用したい人物が応募してきて、採用できればいいのです。そう考えてみると、現在のあなたの会社の面接手法・フローは少し「ぜい肉」でだぶついていませんか?そぎ落とせる部分はないでしょうか。 一般的に面接とは「大量の応募者を、だれが面接官をやっても、同じ基準で」選考するためのものです。「採用する人数や採用にかかわる社員の体制によっては、面接などしなくていい局面さえある」ということを頭に入れておくだけで...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...グループ面接(集団面接) グループ面接(集団面接)とは、個人面接とは対照的に、複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接する手法です。グループ面接の特徴を改めてまとめてみましょう。  メリット 一度に複数の応募者を選考でき、選考にかかる時...

続きを読む

構造化面接とは?

...構造化面接とは? 構造化面接とは、面接での評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを応募者によらず決まったものにした面接のことで、質問方法など面接のやり方を面接官に任せる自由面接に比べ、面接の評価が安定...

続きを読む

コンピテンシー面接とは?

...コンピテンシー面接とは? コンピテンシー面接とは、応募者の過去の行動事実から成果を生み出す行動特性を持っているかを見極める客観的な評価手法を用いた面接のことです。 従来の面接では、応募者がいかに優秀であり、やる...

続きを読む

コンピテンシー面接での質問例

... コンピテンシー面接では、応募者が過去に成果を出した取り組みについて取り上げ、どのような行動を取ったかを確かめていきます。これは、従来の志望動機や会社に入ったらどういうことがしたいかを聞いていく面接とは異なります。従来の面接では未来について考えていることを話してもらいますが、コンピテンシー面接では過去について深堀していくので、質問の方法や形式も従来の面接と違ってきます。 ≪コンピテンシー面接...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss