ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

面接 ネガティブチェック

ホーム

... 面接業務をより効率的に、よりセキュアに。 マイページ不要&低価格!(使った分だけ課金する従量課金制) 大手BtoB企業様、中堅・中小企業様のための評価表システムです。 タブレット型面接...

続きを読む

タブレット型面接支援システム【GA】について

... 導入のメリット ≪手間・コストの削減≫ 面接資料の準備や、面接後の評価の集計といった作業にかかる手間を大幅に削減することができます。   ≪評価制度の向上≫ 「プロブスト法」という手法を用いた面接評価表の使用により、面接官ごとの評...

続きを読む

機能一覧

...面接官画面の主な機能 (画面キャプチャ挿入) ■面接スケジュール一覧・カレンダー機能 ■応募者書類閲覧機能 ■評価表入力機能 ■おすすめ質問機能 ■前面接の評価表閲覧機能 ■人事からのお知らせ掲...

続きを読む

面接実施【手法編】

最適な面接手法を選択する 面接には、主に下記のような複数の手法が存在します。それぞれに長所、短所があり、会社の状況や求める人物像、そして採用市場の動向に応じて、選考ステップごとに面接の目的をはっきりと決定し、人事採用ご担当者様、面接官など採用活動にかかわる全員が共有してこそ面接は有意義なものになります。 ...
... 応募者集めに困ることはない反面、「記念受検」の応募者や、消費者視点だけで会社を見ており、事業や仕事をよく理解していない「勘違い」した応募者が増えます。その場合、選考フローの初期段階で多くの応募者をネガティブチェックする必要が出てくるため集団面接を行う、などの工夫が必要になります。 また、ほとんど応募者に存在を知られない企業は、特に初期段階で志望動機を深く聞くなどのハードルの高い選考を課すことや、集団面接のような応募者に「あまり丁寧に見てくれない会社だな」と思われる、志望度を下げてしまう可能性のある選考手法は避けるべきでしょう。「最初からウチのことを志望している応募者などいない」というほどの気持ちで、志望度を上げられるような選考手法を選択することが望ましいといえます。グループディスカッション/グループワークで、業務の疑似体験や実際社内の会議で検討している議題など、応募者の理解を促進し興味を引くような選考を行うのもよい方法です。 ...

続きを読む

面接評価【振り返り編】

... 面接の結果を分析・評価し、次年度の採用に活かす 多くの企業で、採用活動が終わったタイミングで振り返りを行っています。中でも、応募者数や選考に進んだ人数、内定者数や入社数など、定量的な部分は年度ごとに...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss