ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

議論 最適人数

面接実施【手法編】

...人または複数の面接官が面接 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループディスカッション/グループワーク…特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価   手段と目的が逆転していないか? 「あなたの会社では、何のために1次面接をしていますか?」「2次面接の目的は?」という問いに、はっきりと迷いなく答えるのは、実は難し...

続きを読む

導入事例

...面接資料の印刷にコストと手間がかかる。   AFTER 評価結果が自動で集計されるため、集計作業がなくなった。 統一された項目でジャッジし、評価の高い順で並び替えられるため、議論が不要になった。毎日実施していた評価会議が、最終日のすり合わせのみとなった。 ペーパーレス化できた。   お客様の声 紙の使用が圧倒的に減り、社内からも高く評価されています。当初...

続きを読む

人材要件定義の手法

...状を分析しても今後同様の人材が求められるとか限りませんので、経営者の声を反映させていく事の方が有効でしょう。MVVと、今後の事業展開、そこで発生する業務とその推進に必要と思われる力を経営者とじっくり議論することで、今後新たに会社が獲得すべき人材像が見えてきます。この場合、必要な力を人材ポートフォリオ(※)にまとめ、現在会社にいる社員と、これから獲得すべき社員を可視化していくと良いでしょう。 ※...

続きを読む

面接の基本3形式

...細かい要素の見極めが難しい。 応募者にも「じっくり見てもらえた」という納得感を与えにくく、志望度アップには向かない   グループディスカッション/グループワーク…特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価 メリット 一度に複数の応募者を効率的に、また比較しながら選考できる点はグループ面接(集団面接)(集団面接)と共通。 ネガティブチェック(望ましくない要素の見極め)に向いている...

続きを読む

グループディスカッション

...グループディスカッション グループ面接(集団面接)とは、特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価する手法です。グループディスカッションの特徴を改めてまとめてみましょう。 メリット 一度に複数の応募者を効率的に、また比較しながら選考できる点はグループ面接と共通 ネガティブチ...

続きを読む

グループディスカッション選考とは?

...時間のもと、複数人の参加者が自由に討論し、結論を導くディスカッションの手法です。その討議や結論を導き出す過程(プロセス)を見ながら、面接官が評価を行うものがグループディスカッション選考です。必ずしも議論に勝った応募者が良い評価を受けるということはなく、あくまでも能力・コンピテンシーなどに基づいて評価を行います。 「1グループにつき何名合格」という基準を設ける場合もありますが、グループによってバ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss