ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

評価 基準 定義

ホーム

... 面接業務をより効率的に、よりセキュアに。 マイページ不要&低価格!(使った分だけ課金する従量課金制) 大手BtoB企業様、中堅・中小企業様のための評価表システムです。 タブレット型面接支援システム【GoodAssessor】 これまでの面接では履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの多くの紙資料が使われてきました。   ...

続きを読む

タブレット型面接支援システム【GA】について

... 導入のメリット ≪手間・コストの削減≫ 面接資料の準備や、面接後の評価の集計といった作業にかかる手間を大幅に削減することができます。   ≪評価制度の向上≫ 「プロブスト法」という手法を用いた面接評価表の使用により、面接官ごとの評価のブレを軽減します。 ...

続きを読む

機能一覧

...面接官画面の主な機能 (画面キャプチャ挿入) ■面接スケジュール一覧・カレンダー機能 ■応募者書類閲覧機能 ■評価表入力機能 ■おすすめ質問機能 ■前面接の評価表閲覧機能 ■人事からのお知らせ掲示板機能 ■応募書類へのメモ付加機能 ■面接スケジュール申請機能(Coming Soon) ■応募者選考進捗状況の確認...

続きを読む

面接実施【手法編】

... 個人面接…1人の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループディスカッション/グループワーク…特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価   手段と目的が逆転していないか? 「あなたの会社では、何のために1次面接をしていますか?」「2次面接の目的は?」という問いに、はっきりと迷いなく答えるのは、実は難しいのではないでしょうか。 ...
... 少し矛盾するようですが、そもそも人事採用ご担当者様の仕事とは、何回も繰り返し面接しなくても、自社に必要な人材が採用できる仕組みを作ることではないでしょうか。極論すれば、面接など行わなくても、採用したい人物が応募してきて、採用できればいいのです。そう考えてみると、現在のあなたの会社の面接手法・フローは少し「ぜい肉」でだぶついていませんか?そぎ落とせる部分はないでしょうか。 一般的に面接とは「大量の応募者を、だれが面接官をやっても、同じ基準で」選考するためのものです。「採用する人数や採用にかかわる社員の体制によっては、面接などしなくていい局面さえある」ということを頭に入れておくだけでも面接手法・フローを決定する際に、多くのぜい肉をそぎ落とすことができるでしょう。 ...

続きを読む

面接評価【振り返り編】

面接の結果を分析・評価し、次年度の採用に活かす 多くの企業で、採用活動が終わったタイミングで振り返りを行っています。中でも、応募者数や選考に進んだ人数、内定者数や入社数など、定量的な部分は年度ごとに振り返りと、次年度の活動への改善に活かされています。しかし、面接の細部まで振り返っている企業は、実は多くありません。合否を出した結果の人数を振り返るのであれば、合否を出した基準や評価項目についても分析をしてしかるべきです。採用活動の成功のために、面接業務の中で成功した点とその理由はなにか、また失敗した点とその理由を明確にしておき、次回以降の活動に活かしましょう。 assets/images/serviceinfo/imgSample03_on.jpg ...

続きを読む

WEB面接官研修

... はじめに 面接者は、応募者を評価するだけが役割ではありません。面接官には大きく4つの役割があると言われています。 人物評価 … 応募者の本音・本質を見極め、合否の判断をする 情報提供 … 応募者の欲する情報を提供し、意...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss