ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

要件定義 相手

陥りやすい評価失敗例

...  3.寛大化傾向と厳格化傾向 寛大化傾向 : すべての評価が甘くなる(5段階の4や5に集まる)傾向 厳格化傾向 : すべての評価が厳しくなる(5段階の1や2に集まる)傾向 寛大化傾向は相手に対して低い評価をつけることに負い目を感じる人が陥りやすく、厳格化傾向は完璧主義の人が陥りやすくなります。また、厳格化傾向は前述の対比誤差とも密接な関係があります。新卒採用でいえば面接官は社会人であ...

続きを読む

戦略的な人材要件定義と評価基準の設定

...、面接官がイメージできるレベルに落とし込むと良いでしょう。たとえばコミュニケーション能力で言うと次のようなものが挙げられます。 ・目的と重要性を明らかにして、内容を組み立てて話す ・自分の内面を相手に開示し、深い人間関係を構築できる ・相手の声に耳を傾け、相槌(あいずち)や同意を使いながらより深い話を引き出すことができる ・相手の立場に立って物事を考え、行動できる 自社が必要とするコミュニ...

続きを読む

人材要件定義の手法

... 4つの代表的な手法 MVVに基づいた人材要件定義をすべきであるとお伝えしましたが、実際にはどのような手法・ステップを用いて定義を進めれば良いのでしょうか。様々な手法がありますが、ここでは代表的な4つの手法をご紹介いたします。 採用担当イ...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...何か恩恵を受けた後、お返しをしなければならない気持ちになることです。熱心に恋愛相談に乗ってくれた人とその後付き合ってしまうケースなどは、この原理が働いている分かりやすい例かも知れません。 面接で相手を知るために丁寧に質問をしていくことで、応募者の志望度を上げることも可能なのです。 ...

続きを読む

構造化面接の設計方法

...くて、どんな部分を評価していく面接にするか考えなければならないので、まずは人材要件を決定します。ここで決める人材要件は、 「コミュニケーション能力が高い」など抽象的なものでなく、「こういった人を相手にこういったコミュニケーションが取れる」など、具体的なものとするのがよいでしょう。   2.評価項目・評価基準の決定 人材要件が決定したら次は評価項目・評価基準の決定です。応募者のどうい...

続きを読む

志望度を上げる面接手法

...イントは以下3つだと言えます。  【対立軸で対峙していると感じさせない】 攻撃的な口調・話の腰を折る・机を叩く・体をゆする・険しい表情、などに気を付ける  【距離感を感じさせない】 相手の目を見て話をする&聞く・腕を組んで話を聞かない・ずっと椅子の背に寄り掛かったままで話を聞かない&話をしないなどに気を付ける  【理解しようとしてくれている、と感じさせる】 ねぎらう・うなず...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss