ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

職務経歴書 成績 盛る

ホーム

...分だけ課金する従量課金制) 大手BtoB企業様、中堅・中小企業様のための評価表システムです。 タブレット型面接支援システム【GoodAssessor】 これまでの面接では履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの多くの紙資料が使われてきました。   面接を実施するたびにコピーしては廃棄の繰り返し。そこで、株式会社パフでは、紙資料をデータ化してクラウド上で管理できる面接支援...

続きを読む

タブレット型面接支援システム【GA】について

...法がもっとも適切です。 ところが、面接を実施するには多くの付随業務が発生し、非常に手間がかかるのも事実です。たとえば、応募者と面接官の日程をすり合わせて調整したり、応募者に関する書類(履歴書や職務経歴書、各種証明書類など)を面接官の人数分準備をしたり、そして面接官の評価をすりあわせて応募者の合否を決め、応募者に次の選考の連絡をしたり。昨今では個人情報保護の重要性も高まっており、応募者の書類の管...

続きを読む

人材要件定義の手法

...べ、物事がうまくいかない責任を他人に押し付ける「他罰性」が強い傾向にあるという結果が得られました。これをこのまま採用要件にして良いのでしょうか。その後のディスカッションから、この会社では現場で自分の成績を伸ばすことに熱心で、他者に気を配れない自己中心的な社員が営業成果を出しており、現場は殺伐とした雰囲気が蔓延していることが分かりました。これでは成果が上がっても良い会社になって行きません。つまり、M...

続きを読む

成績表を面接で活用するには?

成績表を面接で活用するには? エントリーシート(履歴書)の面接で本質はつかみづらい 現在の採用では、多くの企業でエントリーシートや履歴書に書いていることに沿った話をしながら面接をしています。実はここに学生の本質の見極めが難しくなる原因があり、それにはエントリーシートの3つの性質が関係してきます。 ...
... たとえば、いままで一番辛かったことは何ですかと聞いて、正直に答える応募者はいないでしょう。応募者はたとえ一番辛かった経験ではなくても、こういうふうに頑張った、こういうふうに乗り越えたという話ができるような経験を選んで話すものです。 3.応募者による「自己評価」である 応募者は嘘をつくことはあまりありませんが、話を「盛る」ことはよくあることです。話の盛り方は主に次の3つがあります。 数字を盛る 例:10人のサークル→100人のサークル  結果を盛る 例:不満続出のイベント→大成功したイベント 役職を盛る ...

続きを読む

成績表の活用について

...成績表の活用について 成績表の情報を用いた面接では、エントリーシートを用いたときとは違った面接をすることができます。 1.しなければならない活動(授業やゼミ)について話すことが可能 会社に入...

続きを読む

注意すべきポイント

... 面接官が陥りやすい心理的エラー 1.ハロー効果  何か一つが良い(悪い)と、すべてが良く(悪く)見えてしまうこと。  EX)受け答えがハキハキしているので、行動力があるだろう。   学業成績が優れた応募者は、仕事もできる人間だろう。 2.対比誤差  直前の応募者が非常に優秀だった場合に、次の応募者が平均以上であるにも関わらず、劣っていると評価してしまうこと(また、その逆のケース...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss