ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

管理職 面談 シート

ホーム

...金制) 大手BtoB企業様、中堅・中小企業様のための評価表システムです。 タブレット型面接支援システム【GoodAssessor】 これまでの面接では履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの多くの紙資料が使われてきました。   面接を実施するたびにコピーしては廃棄の繰り返し。そこで、株式会社パフでは、紙資料をデータ化してクラウド上で管理できる面接支援システム【GoodA...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...る事態について、自分の考えをしっかり聞いてくださった。人柄や考え方をきちんと見てもらえた気がして志望度が高まった。【理系・女性】 □自分の仕事内容を楽しそうに語ってくださった社員の方とのリクルーター面談は、志望度が上がった。 自分が入社したら、というイメージもつかめた。【文系・女性】 □「なぜ?」を重視する面接で、自分がどういう考え方をしているかを知ろうとしてくれていると感じた。【文系・男性】 □...

続きを読む

選考フローの組み立て方

...手法(グループディスカッション、筆記試験等)によって確認できる項目が異なりますので、その段階で見極めたい要件にマッチした手法を取り入れるとよいでしょう。また採用の効率を考えると、当然ですがエントリーシートや筆記試験、グループディスカッションなど多くの人数に対応できる手法を前段階に配置し、面接の負荷を減らす工夫も有効です。ただし、自社で確認したい要件がそれらのスクリーニング手法では見極められないので...

続きを読む

個人面接

...合格にした結果、入社後の早期退職等トラブルにつながったりしてしまう恐れがあります。   3.採用の決裁フロー(だれが見るか) 一般的に面接官の数は1~2名。1次面接は現場社員、2次面接は管理職、最終面接は役員、といった具合に、選考が進むごとに、異なる階層の社員が面接官を務めるケースがポピュラーです。 最終面接などは役員が勢ぞろいし、面接官が5名を超えることもあります。某有名企業では...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...いてグループ面接を実施するのは避けたほうがよいでしょう。   3.採用の決裁フロー(だれが見るか) 個人面接と同様、一般的に面接官の数は1~2名です。また、1次面接は現場社員、2次面接は管理職、最終面接は役員、といった具合に、選考が進むごとに、異なる階層の社員が面接官を務めるケースが多いという部分も個人面接と共通しています。   4.自社をとりまく採用環境(見極め重視で行くか、...

続きを読む

成績表を面接で活用するには?

...成績表を面接で活用するには? エントリーシート(履歴書)の面接で本質はつかみづらい 現在の採用では、多くの企業でエントリーシートや履歴書に書いていることに沿った話をしながら面接をしています。実はここに学生の本質の見極めが難しくなる原因があり...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss