ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

無人島 何を グループワーク 優先順位

面接実施【手法編】

...った」という企業では、選考手法が大量採用時代のままになっており、採用がうまくいかない一因となっているケースが散見されます。 2.求める人物像(どんな人を採るか) 求める人物像によって「面接で何を見るべきか」が変わり、同時に最適な面接手法が変わってきます。たとえば、飛び込み営業のような第一印象や、初対面との人とのコミュニケーション能力がとにかく大事であるという仕事であれば、グループディスカッ...

続きを読む

面接前後の選考とのかかわり

...なポイントであり、「計画」が達成できたかどうかを知るために「評価・分析」を行います。例えば最終的にジャッジすべき評価項目は計画された面接回数、内容で評価することができたのか、評価できなかったとすれば何を改善すべきなのかということが分析できるわけです。協調性を評価項目にしているのに、集団内での行動や協調性を知るための質問が面接官に求められていないといったケースもあるでしょう。また、選考間の情報の引き...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...テストを行ったとしても、面接試験を最も重要な(かつ最終的な)評価方法と位置付けていますし、適性検査と面接の印象が異なった場合は面接の印象を優先させているのではないでしょうか。 また、応募者にとっても何を基準に選考されているのかわからない適性検査や業務に直結しないテーマでのグループディスカッションよりも、自分をしっかりと見てくれたと感じられる面接の方が合格・不採用のいずれの場合でも納得度は高いように...

続きを読む

構造化面接と自由面接の違い

...機械的な評価という印象を応募者に与えてしまうことがある ・応募者の「評価」をしていくため、応募者の自社への志望動機を上げることが難しくなる ・経験の浅い面接官では、どんな質問をして何を評価すればよいかがわからず、有用な情報を引き出せない ・面接官ごと、応募者ごとに統一した面接評価がしづらい ...

続きを読む

構造化面接の設計方法

...定したら次は評価項目・評価基準の決定です。応募者のどういった部分について、どのように評価するかを具体的に決めます。 たとえば、≪コミュニケーション能力≫という項目を作り、コミュニケーション能力が何を意味しているか明示した上で、1~5点で評価します。このとき、1点はこういったことがあてはまり、3点ではこういったことができ、5点ではこういったことができるといったように、点数を付ける基準も設けておき...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

...グループディスカッション選考 テーマ例 テーマに特別なきまりはなく、「応募者の何を見る必要があるか」という具体的な目的からテーマを決定するのが一般的です。ただ、知識が議論の妨げにならないよう、一般的でない知識が必要になるような専門性が高い領域のテーマは避けた方がよいでしょう。 ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss