ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

構造化面接 デメリット

面接の基本3形式

...人または複数の面接官が面接 メリット じっくり掘り下げて質問することで、一人一人の応募者について細かい要素の見極めが可能。 応募者にも「じっくり見てもらえた」という納得感を持たれやすい。 デメリット 選考に時間がかかる。また多くの面接官(人的コスト)が必要。 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 メリット 一度に複数の応募者を選...

続きを読む

個人面接

...特徴を改めてまとめてみましょう。 メリット じっくり掘り下げて質問することで、一人一人の応募者について細かい要素の見極めが可能 応募者に「じっくり見てもらえた」という納得感を持たれやすい デメリット 選考に時間がかかる。また多くの面接官(人的コスト)が必要   また、下記に前述の「的確な面接手法を選ぶために、チェックすべき要素」に沿って、個人面接の特徴を考えていきましょう。 1...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...リット 一度に複数の応募者を選考でき、選考にかかる時間と人的コストを効率化できる また応募者をその場で相互に比較しながら面接できる ネガティブチェック(望ましくない要素の見極め)に向いている デメリット 複数の応募者を比較することで相対的な評価になり、一人ひとりの応募者について細かい要素の見極めが難しい 応募者にも「じっくり見てもらえた」という納得感を与えにくく、志望度アップには向かない ...

続きを読む

グループディスカッション

...望ましくない要素の見極め)に向いている 応募者同士のコミュニケーションが見られる 議論のテーマを実際の業務に関連のあるテーマにすることで、応募者の企業理解を深め、志望度アップを図ることも可能 デメリット 複数の応募者を比較することで相対的な評価になりがち 一人ひとりの応募者について細かい見極めが困難 応募者に「じっくり見てもらえた」という納得感を与えにくい テーマの設定を失敗すると、応募者の志...

続きを読む

構造化面接とは?

...構造化面接とは? 構造化面接とは、面接での評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを応募者によらず決まったものにした面接のことで、質問方法など面接のやり方を面接官に任せる自由面接に比べ、面接の評価が...

続きを読む

構造化面接と自由面接の違い

構造化面接と自由面接の違い 質問方法など面接のやり方を面接官に任せる自由面接と違い、面接での評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを応募者によらず決まったものにしたものが構造化面接です。どちらも面接の手法として広く知れ渡っており、日本のほとんどの企業では採用のどこかのフェーズで行っているでしょう。 ...
... ・評価項目、質問項目があらかじめ決まっているので、企業が知りたいことを聞き出すことができる ・応募者の話に合わせて自然で柔軟な会話ができる ・応募者の多面的、全体的な情報を得ることができる デメリット ・用意した質問による機械的な評価という印象を応募者に与えてしまうことがある ・応募者の「評価」をしていくため、応募者の自社への志望動機を上げることが難しくなる ・経験の浅い面接官では、どんな質問をして何を評価すればよいかがわからず、有用な情報を引き出せない ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss