ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接 質問 アイスブレイク

採用面接 コメント

評価方法と評価基準は守られたか?

... 一般に面接官研修は採用シーズンの前に一括して行われることが多くありますが、事後に行うことはあまりないようです。採用シーズン後にまで面接官に研修を行う人的コストはかけられないということ理由に挙げられますが、面接後にこそ振り返りをしておくべきでしょう。特に次年度以降も面接官を担当する場合、自身の面接官としての評価を振り返ることでノウハウや経験を正しく蓄積することができます。誤った面接手法に気づかないまま次年度を迎えることは、採用活動全体へのリスクに他なりません。こういったリスクを回避し、次年度の採用面接の質を向上させるために面接後の振り返りを行いますが、その目的は次の3つにまとめられるでしょう。 自身の評価手法が正しかったかを知る 自身の評価基準が適切だったかを知る 自身の面接官としての態度が適切だったかを知る ...
... また、人事採用担当者は面接を振り返ることで、評価項目と評価手法が正しくマッチしていたかを確認しておかなければなりません。面接の評価表の作り方についても常に改善が必要でしょう。記入の方法がわかりづらい、評価表のフォーマットでは書き漏れが生じるなど、運用を経ると改善すべきポイントが見えてきます。次年度以降の採用活動のために早めに改善点を洗い出しておくことが重要です。さらに、面接官ごとの評価の分析をすることで、個別の課題も見えてきます。評価のポイントの分散傾向を見ることで中心化傾向を把握したり、評価のコメントをみることで評価の適正を見たりすることができます。他の面接官と著しく評価がずれる面接官には、場合によっては次回以降の面接を依頼しないようにする必要があります。 ...

続きを読む

陥りやすい評価失敗例

...る(5段階の3に集まる)傾向 面接官が自らの評価に自信がない場合や、評価方法を理解していない(実践できない)場合に起こる面接誤差です。面接官自信が評価の根拠を示すことができないことも多くあり、採用面接においては合否を出すことができなくなることも珍しくありません。中心化傾向を防ぐためには、「事前に評価基準を理解し、具体的事実に基づいて評価をする」トレーニングが有効です。   5.論理誤差...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...は応募者の魅力付けを会社説明会やグループワークとし、面接は見極めの場としていることが多いにも関わらず、なぜ応募者は面接で志望度を上げるのでしょうか。具体的に志望度が上がった面接としては以下のようなコメントが集まっています。 □ただ質問されるのではなく、お互いに意見を交わすことができ、価値観の交換ができた。【文系・男性】 □一次面接から集団ではなく個人面接だった。質問内容もあなたならこ...

続きを読む

プライバシーポリシー

... 8. 免責事項 次の各号の場合は、第三者による個人情報の取得に関し、当社は何らの責任を負いません。 (1) 本人自らが当社WEBサイト上の機能を用いて個人情報を明らかにする場合(日記へのコメント入力など) (2) 本人が当社WEBサイト上に入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合 9. 個人情報の開示等の取扱いについて お客様は自ら提供した個人情報について、利用...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss