ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

就職 適性 誠実性とは

導入のメリット

...など、異なる評価表を用いる場合にも1つのシステムで運用が可能です。 面接官評価傾向分析機能 面接官が記入した評価結果がすべてデータで得られますので、面接官ごとの評価の癖や次選考以降の合格率、適性検査の結果との照合など今まで以上に詳細なデータ分析が可能となります。   【2】評価精度の向上 プロブスト法評価表機能 Good Assessorでは、プロブスト法を用いた評価表を作...

続きを読む

よい面接官とダメな面接官

...動機形成 応募者に「是非、ここで働きたい」と思わせる動機づけをする 4.情報伝達 今後の選考やフォローのための効果的な情報を次の面接官に提供する 1.人物評価 応募者の能力、適性、意欲や入社に向けた状況などを見極め、合否のための評価をすることです。面接の主目的はここに集約されるでしょう。評価項目に照らして応募者が秀でている能力や適性はどこなのか、逆に基準を満たしていない部分...

続きを読む

人材要件定義の手法

...ているのかを化学的に分析する手法です。こちらも現場社員インタビューと同じく、事業が安定しており、現在活躍している人材と近い能力を持った人材を増やしていきたい場合にお勧めの手法です。一定数の社員に対し適性検査などのアセスメントを用い「ハイパフォーマンス社員」と「一般社員」の統計的な差を分析することにより自社における成果を出すための重要なファクターを視覚化します。また、新卒社員の応募時のデータが蓄積さ...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

... ・スキル・コンピテンシー(コミュニケーション力、思考力、実行力、対人関係力etc.) 納得性 面接は評価しうる人材特性が多いということのほかにも、採用する側、される側にとって納得度が高いということも特徴として言えるでしょう。 その証拠にほとんどの企業では適性検査や学力試験などのペーパーテストを行ったとしても、面接試験を最も重要な(かつ最終的な)評価方法と位置付けていますし、適性検査と面接の印象が異なった場合は面接の印象を優先させているのではないでしょうか。 ...
... また、応募者にとっても何を基準に選考されているのかわからない適性検査や業務に直結しないテーマでのグループディスカッションよりも、自分をしっかりと見てくれたと感じられる面接の方が合格・不採用のいずれの場合でも納得度は高いように見受けられます。 選考フローで最も志望度が上がる「面接」 就職活動を終えた応募者に「最も志望度が上がった瞬間は」というアンケートを取ると、「面接」と答える学生が最多数になることが良くあります(下図参照)。 出典:2013年大学生の就職活動ふり返り調査 株式会社 ...

続きを読む

コンピテンシー面接とは?

...りました。しかし、大学への進学率が50%ほどとなり、かつ筆記試験による大学への進学をする学生も全体の半分ほどと言われている現状では、高学歴=優秀という構図も信用できなくなってきています。また、学生が就職活動をする期間は一般に大学3,4年生の時期であり、いままで社会を知らなかった学生にとっては短い期間でどんな企業に入りたいか、つまり企業への志望動機を明確にすることも難しいでしょう。 コンピテンシ...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

...ンは情報の格差が議論に不公平をもたらす可能性も大いにあるので、知識を問うものにならないよう、注意しながらテーマを選択する必要があります。   ※グループディスカッション分野別テーマ例 【就職活動関連】 ・なぜ就職をしない人がいるのか ・就職に必要なものとは ・就職活動はなぜ必要か ・履歴書に学校名を書くことの是非   【会社・仕事関連】 ・正社員とアルバイト...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss