ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

就活 ディベート 流れ

構造化面接とは?

...構造化面接とは? 構造化面接とは、面接での評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを応募者によらず決まったものにした面接のことで、質問方法など面接のやり方を面接官に任せる自由面接に比べ、面接の評価が安定します。構造化・標準化された質問や評価をしていくことで、面接官の主観を排除...

続きを読む

構造化面接と自由面接の違い

...構造化面接と自由面接の違い 質問方法など面接のやり方を面接官に任せる自由面接と違い、面接での評価項目、評価基準、質問項目、面接の流れなどを応募者によらず決まったものにしたものが構造化面接です。どちらも面接の手法として広く知れ渡っており、日本のほとんどの企業では採用のどこかのフェーズで行っているでしょう。 構造化面接、自由面接...

続きを読む

コンピテンシー面接での質問例

...異なります。従来の面接では未来について考えていることを話してもらいますが、コンピテンシー面接では過去について深堀していくので、質問の方法や形式も従来の面接と違ってきます。 ≪コンピテンシー面接の流れ≫ 1.テーマ設定 まずは、応募者から具体的な行動事実を引き出せそうなテーマを設定するための質問をします。ここでは、成果を確認できるようテーマの大枠を決めるだけで、深堀は始めません。 も...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

...社・仕事関連】 ・正社員とアルバイトの違いは何か ・やりがいと給料のどちらが大切か ・仕事ができるということは、どういうことか ・会社も社員も納得できる評価制度とは   【ディベート関連】 ・朝食はパンかご飯か ・サッカーと野球、日本人が活躍しているのは ・男性と女性どちらが幸せか   【業界関連】 ・将来(5年後、10年後)の○○業界について ...

続きを読む

評価表を作成する

...聞き方ではなく、過去に顕在化した行動(事実)を聞いていくことです。 注意しなければならないのは、最初から本題の「面接で確認したい要素」について質問をしても、応募者は答えにくいということ。面接にも流れはありますので、最初に事実が出てこない場合、面接官もそれ以降の質問がしにくくなります。最初はできるだけ「一番力を入れて打ち込んだこと」など応募者が答えやすい質問をし、双方のコミュニケーションを温めて...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss