ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

対比誤差 防ぐ

よい面接官とダメな面接官

...募者の志望度をあげることが目的ではありません。誤った情報に基づく志望動機を持っている応募者に対し、正しい情報提供をすることによって応募者の志望度が下がったとしても、その動機づけは間違った人材の入社を防ぐ手立てとなります。このように、応募者の状況を見極めつつ動機形成をすることも面接官に求められます。   4.情報伝達 人物評価で見極めた情報を、人事採用担当者や次選考の面接官へ引き継ぐ...

続きを読む

陥りやすい評価失敗例

... ここでは、面接誤差とよばれる「面接官が陥りやすい評価失敗例」を挙げていきますが、面接精度の向上にはトレーニングが不可欠です。トレーニングによって面接官の誤差範囲が改善されたという研究もあります。「敵(応募者)を知り、己を知れば百戦危うからず」。面接では応募者ばかりに気を取られずに、面接官である自分自身の評価も忘れないようにしましょう。 1.ハロー効果 2.対比誤差 3.寛大化傾向と厳格化傾向 4.中心化傾向 5.論理誤差 1.ハロー効果 ある顕著な特性の評価が全体の評価に影響すること 「ハロー」とは、後光(仏像などの背後にある光)をさします。たとえば、「積極性の高い人は他の項目もよいはずだ」や、「協調性が低い人は他の項目も低いはずだ」と評価してしまうことです。評価項目の一部だけの評価であるにもかかわらず、ある特徴的な(プラスでもマイナスでも)特性の評価によって全体の評価を決めてしまう、新米面接官によく見られる傾向です。この評価誤差を防ぐには、(1)評価の尺度を行動基準にする、(2)面接官トレーニングを行う、ということが対策として考えられます。   2.対比誤差 評価の基準として面接官自身を設定してしまうこと 面接官自身の主観的基準で評価をしてしまうことで、面接官自身が得意とする分野では厳しく、面接官が不得意な分野では甘く評価が出やすくなります。たとえば「(高校時代に甲子園に行ったことがある面接官が)野球部で都道府県大会レベルの実績ならたいしたことはない」と評価してしまうことです。この評価誤差が起こる原因は、(1)面接官が評価基準を理解していない、(2)面接官が客観的な指標で評価することができない、という2点が考えられます。対比誤差を防止するためには、同じ面接段階を担当する面接官同士で事前に評価基準を共有し、互いにフィードバックしあうことが重要でしょう。 ...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

...客を倍増させる方法 ・冬にアイスクリームを今の倍売る戦略 ・携帯電話の普及で生じるリスク   【世情・時事問題関連】 ・フリーター、ニートへの有効な対策について ・少年犯罪を防ぐにはどうすればよいか ・少子高齢化時代の労働力確保について   【社会関連】 ・人が働く意味とは ・結婚適齢期はいつか ・学生時代に得たもの   【発想力関連】 ...

続きを読む

お役立ち資料を追加しました

...く解説したお役立ち資料を追加しました。 是非ダウンロードフォームから資料をご確認ください。 【追加資料】 1.初めて採用担当になったら読むべき面接基礎知識 2.面接評価のブレ、偏りを防ぐ評価法「プロブスト法」とは 2013/08/30 18:01:00 ...

続きを読む

注意すべきポイント

...  何か一つが良い(悪い)と、すべてが良く(悪く)見えてしまうこと。  EX)受け答えがハキハキしているので、行動力があるだろう。   学業成績が優れた応募者は、仕事もできる人間だろう。 2.対比誤差  直前の応募者が非常に優秀だった場合に、次の応募者が平均以上であるにも関わらず、劣っていると評価してしまうこと(また、その逆のケース)。  EX)明るく活発な応募者の次に会う人物を、実際以上...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss