ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

寛大評価 例え

評価方法と評価基準は守られたか?

...適切だったかを知る では、面接後にはどのような振り返りをすればよいのでしょうか。まずは、面接官ごとに自らの評価を振り返り、申し送り事項とともに他の面接官とディスカッションすることが重要です。例えば、同一の応募者に対する自らの評価と他の面接官の評価にずれはないかを確認することで、自身の評価を客観的な基準と照らし合わせて振り返ることができます。場合によっては、同一の応募者を複数の面接官がまった...

続きを読む

面接前後の選考とのかかわり

...れぞれの面接段階で評価する項目を切り分け、その項目を評価するための手法が計画されているはずです。この「計画」が重要なポイントであり、「計画」が達成できたかどうかを知るために「評価・分析」を行います。例えば最終的にジャッジすべき評価項目は計画された面接回数、内容で評価することができたのか、評価できなかったとすれば何を改善すべきなのかということが分析できるわけです。協調性を評価項目にしているのに、集団...

続きを読む

個人面接

...を考えていきましょう。 1.採用人数(何人採るか) 個人面接は、「多数の応募者を短時間で選考する」ことには向いていないため、採用人数が多い場合、いきなり個人面接から選考が始まることは稀です。例えば新卒採用で年間100名を超えるような大規模採用を行う企業では、選考フローの初期段階では書類選考や集団面接で応募者の数を減らしてから個人面接を実施します。 一方、採用人数の少ない会社では、応募者...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...に少ないため、集団面接を実施するメリットは薄いといえるでしょう。   2.求める人物像(どんな人を採るか) グループ面接は上記のとおり、「単純な基準で選考する」ことに向いています。 例えば「話が分かりやすいか」「第一印象が良いか」「自社のことをよく調べているか」「身だしなみ・マナーが良いか」「質問への反応は早いか」という表面的な要素を評価することになりがちです。一人ひとりの細かい見...

続きを読む

グループディスカッション

...る応募者が個人面接に比べ多くなるため、応募者にとって「しっかり自分を見てくれた」という納得感を得ることは困難になります。 では、志望度アップには向かないかというと、決してそんなことはありません。例えば、新商品の企画を考えさせる、自社の会社紹介プレゼンの内容を考えさせる、など、テーマによっては、ディスカッションを進めながら、自社の業務を疑似体験させることで、自社の理解度を高め、志望度を向上させる...

続きを読む

グループワーク選考のテーマ例

...グループワーク選考のテーマ例  グループワークで与えられるテーマには、正解がないものが多くあります。例えば「無人島に何か一つだけ持っていくものを決める」「○○社のCMに誰を起用するか」といったテーマの場合では、必ずしも正解は存在しません。 ただし、グループディスカッション同様、知識がワーク実施の妨...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss