ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接 質問 アイスブレイク

大学生 ターゲット 商品

活躍する人材が入社する採用戦略設計

...しない人材を落とす」選考ではなく、「採用基準に合わない人材が自ら辞退し、採用基準にマッチする人材は活躍を確信し志望度を高めていく」という仕組みを作ることです。万人受けする採用戦略ではなく、限られたターゲットに響く戦略を練るべきでしょう。グループディスカッションなどはなるべく業務体験型へ、面接選考もただ一般的な質問を投げるのではなく、自社の仕事内容の難しい点、大変な点を伝えながらそう言った場面を想定...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...上がる「面接」 就職活動を終えた応募者に「最も志望度が上がった瞬間は」というアンケートを取ると、「面接」と答える学生が最多数になることが良くあります(下図参照)。 出典:2013年大学生の就職活動ふり返り調査 株式会社 リクルートキャリア 一般的に企業は応募者の魅力付けを会社説明会やグループワークとし、面接は見極めの場としていることが多いにも関わらず、なぜ応募者は面接で志...

続きを読む

グループディスカッション

...個人面接に比べ多くなるため、応募者にとって「しっかり自分を見てくれた」という納得感を得ることは困難になります。 では、志望度アップには向かないかというと、決してそんなことはありません。例えば、新商品の企画を考えさせる、自社の会社紹介プレゼンの内容を考えさせる、など、テーマによっては、ディスカッションを進めながら、自社の業務を疑似体験させることで、自社の理解度を高め、志望度を向上させることが可能...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

... 【業界関連】 ・将来(5年後、10年後)の○○業界について ・○○業界の企業合併問題について ・○○業界の社会的責任・○○業界にしかできないこととは   【マーケティング関連】 ・大学生ターゲットにした商品開発 ・日本への外国人観光客を倍増させる方法 ・冬にアイスクリームを今の倍売る戦略 ・携帯電話の普及で生じるリスク   【世情・時事問題関連】 ・フリーター、ニートへの有効な対策について ...

続きを読む

【具体例に学ぶ】マナー、ポイント、NG質問例

...たことに対して感謝しなければならないでしょう。面接では短時間で相手の良い側面を発見したとは言えないかもしれませんし、合否の判断も社内における採用枠に対する応募者の相対評価に過ぎません。それに応募者も商品やサービスを通じて、何らかの形で今後も関わりを持つお客様と考えると、なおさら十分な気配りが必要でしょう。具体的に言えば、合格者だけでなく、不合格者にも不採用の連絡を入れる、文書であれば「親展」にして...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss