ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

労働局 面接官 質問

ホーム

...  面接を実施するたびにコピーしては廃棄の繰り返し。そこで、株式会社パフでは、紙資料をデータ化してクラウド上で管理できる面接支援システム【GoodAssessor】を開発しました。   面接官はタブレット上に表示される資料を確認しつつ、そのまま評価を入力。入力された評価はすべて管理画面で自動集計されます。GoodAssessorは、より効率的な、そしてよりセキュアな面接業務を実現します...

続きを読む

タブレット型面接支援システム【GA】について

...減≫ 面接資料の準備や、面接後の評価の集計といった作業にかかる手間を大幅に削減することができます。   ≪評価制度の向上≫ 「プロブスト法」という手法を用いた面接評価表の使用により、面接官ごとの評価のブレを軽減します。   ≪セキュリティの強化≫ 面接に関わる資料をすべてデータで管理することにより、従来紙資料で起こっていた紛失のリスクがなくなります。   Goo...

続きを読む

機能一覧

面接官画面の主な機能 (画面キャプチャ挿入) ■面接スケジュール一覧・カレンダー機能 ■応募者書類閲覧機能 ■評価表入力機能 ■おすすめ質問機能 ■前面接の評価表閲覧機能 ■人事からのお知らせ掲示板機能 ■応募書類へのメモ付加機能 ■面接スケジュール申請機能(Coming Soon) ■応募者選考進捗状況の確認機能(Coming Soon) ...

続きを読む

面接実施【手法編】

... 面接には、主に下記のような複数の手法が存在します。それぞれに長所、短所があり、会社の状況や求める人物像、そして採用市場の動向に応じて、選考ステップごとに面接の目的をはっきりと決定し、人事採用ご担当者様、面接官など採用活動にかかわる全員が共有してこそ面接は有意義なものになります。 個人面接…1人の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 ...
... では、的確な面接手法・フローを選ぶためには、どのような要素を考慮に入れるべきか?を下記で考えてきましょう。   的確な面接手法を選ぶために、チェックすべき要素 一般的に、以下の4つの要素を総合的に考慮して、最適な選考手法・フローを決定していくことになります。各要素のとなりにカッコ書きした質問を自問することで、最適な選考手法・フローを組む一助になるでしょう。 採用人数(何人採るか) 求める人物像(どんな人を採るか) 採用の決裁フロー(だれが見るか) 自社をとりまく採用環境(見極め重視で行くか、志望度アップ重視でいくか) ...

続きを読む

WEB面接官研修

... はじめに 面接者は、応募者を評価するだけが役割ではありません。面接官には大きく4つの役割があると言われています。 人物評価 … 応募者の本音・本質を見極め、合否の判断をする 情報提供 … 応募者の欲する情報を提供し、意思決定を支援する 動機形成 … ...

続きを読む

導入のメリット

...ルール化することでシステムが自動的にファイルを認識し、正しく応募者と紐づけを行います。資料のファイリング、コピー、並び替え、事前発送などの手間とコストを削減できます。 評価結果自動集計機能 面接官が入力した評価結果は即時にサーバーに保存され、管理画面に反映されます。複数の面接官の評価結果も自動集計されます。評価結果は項目ごとに並び変えが可能ですので、あらゆる視点で応募者を比較することが可能...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss