ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

人物 評語

面接実施【手法編】

... 最適な面接手法を選択する 面接には、主に下記のような複数の手法が存在します。それぞれに長所、短所があり、会社の状況や求める人物像、そして採用市場の動向に応じて、選考ステップごとに面接の目的をはっきりと決定し、人事採用ご担当者様、面接官など採用活動にかかわる全員が共有してこそ面接は有意義なものになります。 個人面接…...

続きを読む

WEB面接官研修

... はじめに 面接者は、応募者を評価するだけが役割ではありません。面接官には大きく4つの役割があると言われています。 人物評価 … 応募者の本音・本質を見極め、合否の判断をする 情報提供 … 応募者の欲する情報を提供し、意思決定を支援する 動機形成 … 応募者に「是非、ここで働きたい」と思わせる動機づけをする ...

続きを読む

よい面接官とダメな面接官

...悪しを判断するには、面接官が担う役割を整理しておかなければならないでしょう。期待されている役割に応えていれば良い面接官、逆に期待に反した面接官はダメと言えるわけです。 <面接官が担う役割> 1.人物評価 応募者の本音・本質を見極め、合否の判断をする 2.情報提供 応募者の欲する情報を提供し、意思決定を支援する 3.動機形成 応募者に「是非、ここで働きたい」と思わせる動機づけをす...

続きを読む

戦略的な人材要件定義と評価基準の設定

...く、会社創りの基盤であると言えます。   入社時点で必要な能力・スキルを設定する 実際にMVVを達成するための人材像を描いてみると、あらゆる能力、知識、スキルに秀でた、人間的にも成熟した人物像が出てくるのではないでしょうか。経営者をヘッドハンティングする場合などは、まさにこの人材像が採用要件になると言って良いでしょう。しかし、エントリーレベルの新卒採用や中途採用を行う場合には、このよう...

続きを読む

個人面接

...面接を実施します。 一方、採用人数の少ない会社では、応募者の数も相対的に少ないため、1次選考から個人面接を行い、じっくりと見極め、かつ志望度向上を図るのが上策と言えます。   2.求める人物像(どんな人を採るか) 個人面接では、後述の「コンピテンシー面接」のように、応募者の過去の行動事実を深く掘り下げていくことで、自社の業務でパフォーマンスを上げることができる素質があるかないかを見...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...い場合は、選考フローの初期段階で使用されることが一般的です。一方、採用人数の少ない会社では、応募者の数も相対的に少ないため、集団面接を実施するメリットは薄いといえるでしょう。   2.求める人物像(どんな人を採るか) グループ面接は上記のとおり、「単純な基準で選考する」ことに向いています。 例えば「話が分かりやすいか」「第一印象が良いか」「自社のことをよく調べているか」「身だしなみ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss