ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

人材要件 構築

戦略的な人材要件定義と評価基準の設定

...ルに落とし込むと良いでしょう。たとえばコミュニケーション能力で言うと次のようなものが挙げられます。 ・目的と重要性を明らかにして、内容を組み立てて話す ・自分の内面を相手に開示し、深い人間関係を構築できる ・相手の声に耳を傾け、相槌(あいずち)や同意を使いながらより深い話を引き出すことができる ・相手の立場に立って物事を考え、行動できる 自社が必要とするコミュニケーション能力は何なのか、行...

続きを読む

人材要件定義の手法

... 4つの代表的な手法 MVVに基づいた人材要件定義をすべきであるとお伝えしましたが、実際にはどのような手法・ステップを用いて定義を進めれば良いのでしょうか。様々な手法がありますが、ここでは代表的な4つの手法をご紹介いたします。 採用担...

続きを読む

選考フローの組み立て方

...選考フローの組み立て方 選考フローを組み立てるに当たり、定義した人材要件をどのステップで確認するのか決めていくと良いでしょう。前述の通り、用いる手法(グループディスカッション、筆記試験等)によって確認できる項目が異なりますので、その段階で見極めたい要件にマッチした手法...

続きを読む

面接官の研修・育成

...らうことで、まとまりのある採用活動になります。たとえば採用で打ち出しているキャッチフレーズについて応募者が面接官に質問をしたとしても、ポカンとせず自分なりの解釈を返せるという一貫性です。 2)人材要件の浸透 前述した通り、採用活動はではいかに自社が求める人材に入社してもらうかが肝になりますし、そのために戦略を必要としていますが、どれだけ戦略的に選考を設計しても面接官が自分の好みで採否を決め...

続きを読む

構造化面接の設計方法

...構造化面接の設計方法 構造化面接を実際に導入するには、採用したい応募者の人材要件を決定し、次に評価項目・評価基準を決定、最後に評価をするための質問項目・質問方法を決定します。 1.人材要件の決定 どんな応募者が欲しくて、どんな部分を評価していく面接にするか考えなければ...

続きを読む

プライバシーポリシー

...を適正に管理し、保護する社会的責任があります。そこで、当社は日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(JIS Q 15001:2006)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを構築します。当社の役員・従業員は、この個人情報保護マネジメントシステムを遵守し、当社の個人情報を正確かつ安全に取り扱い、求職者やお客様、そして株主の皆様に信頼されるサービスを提供し続けます。 第一条...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss