ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接 質問 アイスブレイク

ハイパフォーマー 特徴

導入のメリット

...作成することが可能です。大きな4つのカテゴリとそれに紐づく各10ずつの小項目は各社様の管理画面で編集することができ、またその重要度を-10~+10で設定することが可能です。面接官は面接で見受けられた特徴をクリックするだけで応募者の自社とのマッチング度を確認することができますので、先入観にとらわれない、ブレない評価結果を収集することが可能となり、評価制度が向上します。 次面接への評価結果自動引き...

続きを読む

よい面接官とダメな面接官

...よい面接官とダメな面接官 少し刺激的なタイトルですが、よい面接官とダメな面接官を具体的なケースから見ていきましょう。 まず、よい面接官には次のような特徴が挙げられます。 ◎ 評価項目と評価基準を理解し、根拠のある評価を下すことができる。 ◎ 評価項目に沿った質問をし、面接を進行することができる ◎ 応募者の志望理由を見極め、志望度向上のために適...

続きを読む

陥りやすい評価失敗例

...の背後にある光)をさします。たとえば、「積極性の高い人は他の項目もよいはずだ」や、「協調性が低い人は他の項目も低いはずだ」と評価してしまうことです。評価項目の一部だけの評価であるにもかかわらず、ある特徴的な(プラスでもマイナスでも)特性の評価によって全体の評価を決めてしまう、新米面接官によく見られる傾向です。この評価誤差を防ぐには、(1)評価の尺度を行動基準にする、(2)面接官トレーニングを行う、...

続きを読む

人材要件定義の手法

... MVVに基づいた人材要件定義をすべきであるとお伝えしましたが、実際にはどのような手法・ステップを用いて定義を進めれば良いのでしょうか。様々な手法がありますが、ここでは代表的な4つの手法をご紹介いたします。 採用担当インタビュー 現場社員インタビュー ハイパフォーマー分析 経営者インタビュー     採用担当インタビュー 現在の採用基準で現場でも活躍する人材が採用できているが、実は基準が整理・言語化されておらず感覚に頼った採用になってしまっている場合には、まずは人事採用ご担当者様で会議(または外部コンサルタントを使ったインタビュー)を行うのが良いでしょう。 人の特徴を表す標語を記したたくさんカードなどをツールに用い、現在の採用で重視している要件は何であるのか、それはなぜなのかをMVV、そして現場の業務に基づいてディスカッションを深めます。 (上に戻る) 現場社員インタビュー ...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...・コンピテンシー(コミュニケーション力、思考力、実行力、対人関係力etc.) 納得性 面接は評価しうる人材特性が多いということのほかにも、採用する側、される側にとって納得度が高いということも特徴として言えるでしょう。 その証拠にほとんどの企業では適性検査や学力試験などのペーパーテストを行ったとしても、面接試験を最も重要な(かつ最終的な)評価方法と位置付けていますし、適性検査と面接の印象が異...

続きを読む

個人面接

...個人面接 「面接」と聞くと、まず連想するのが一般的にこの個人面接ではないでしょうか。個人面接の特徴を改めてまとめてみましょう。 メリット じっくり掘り下げて質問することで、一人一人の応募者について細かい要素の見極めが可能 応募者に「じっくり見てもらえた」という納得感を持たれやすい デメリ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss