ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

ネガティブチェック 用例

面接実施【手法編】

...者集めに困ることはない反面、「記念受検」の応募者や、消費者視点だけで会社を見ており、事業や仕事をよく理解していない「勘違い」した応募者が増えます。その場合、選考フローの初期段階で多くの応募者をネガティブチェックする必要が出てくるため集団面接を行う、などの工夫が必要になります。 また、ほとんど応募者に存在を知られない企業は、特に初期段階で志望動機を深く聞くなどのハードルの高い選考を課すことや、集...

続きを読む

面接の基本3形式

...は3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 メリット 一度に複数の応募者を選考でき、選考にかかる時間と人的コストを効率化できる。 また応募者をその場で相互に比較しながら面接できる。ネガティブチェック(望ましくない要素の見極め)に向いている。 デメリット 複数の応募者を比較することで相対的な評価になり、一人ひとりの応募者について細かい要素の見極めが難しい。 応募者にも「じっくり見ても...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...す。グループ面接の特徴を改めてまとめてみましょう。  メリット 一度に複数の応募者を選考でき、選考にかかる時間と人的コストを効率化できる また応募者をその場で相互に比較しながら面接できる ネガティブチェック(望ましくない要素の見極め)に向いている デメリット 複数の応募者を比較することで相対的な評価になり、一人ひとりの応募者について細かい要素の見極めが難しい 応募者にも「じっくり見てもらえ...

続きを読む

グループディスカッション

...が議論している様子を評価する手法です。グループディスカッションの特徴を改めてまとめてみましょう。 メリット 一度に複数の応募者を効率的に、また比較しながら選考できる点はグループ面接と共通 ネガティブチェック(望ましくない要素の見極め)に向いている 応募者同士のコミュニケーションが見られる 議論のテーマを実際の業務に関連のあるテーマにすることで、応募者の企業理解を深め、志望度アップを図ることも可...

続きを読む

グループディスカッション選考とは?

...の目的 グループディスカッションの目的は様々ですが、例としては次のようなものが挙げられます。目的を明確にした上で、メリットとデメリットを把握し、テーマを決める必要があるでしょう。 ネガティブチェック チーム力(リーダーシップ、協調性など)チェック 発言力(積極性、論理性など)チェック 管理能力チェック   グループディスカッション選考のメリット 一度に多くの...

続きを読む

面接官が応募者の志望度を決める!

...おける基本をしっかり習得した上で、客観的事実を積み上げ、最終的には面接官の「主観」で判断する。この工程は変わりません。では、どのようにジャッジ力を付けていけばよいのでしょうか。 第一印象はネガティブチェック 面接での判断として、応募者の第一印象は重要な要素です。しかし、あくまで第一印象はネガティブチェック(マイナス要素)であることを忘れてはいけません。第一印象が良いというだけで「合格」にし...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss