ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » 面接選考 é …ç›®

セルフスクリーニング 意味

面接実施【手法編】

...余談ですが、求める人物像を聞くと「集団の中での協調性が高い」と返ってくるのに、選考では個人面接だけ、というような笑い話もあります。個人面接で「あなたは協調性が高いですか?」という質問をしても、あまり意味をなしません。実際に集団の中でどのような姿勢でグループディスカッションに取り組むか、を見る方が、はるかに精度が高いといえます。   3.採用の決裁フロー(だれが見るか) つまり「誰がOKと言...

続きを読む

活躍する人材が入社する採用戦略設計

...択を促す』という発想への切り替えること」が理論の骨子であり、アメリカでは実証研究等から採用後の新入社員の生産性と定着率を高める効果が認められています。 RJP選考で期待できる効果 ①セルフスクリーニング効果(ミスマッチ者辞退促進)  充分な判断材料を提供し、学生が自分で組織との適合性を判断、自分で進路を選択・決定することを促す。 ②コミットメント効果(合う学生の志望度アップ)  会社や業務...

続きを読む

構造化面接の設計方法

...たら次は評価項目・評価基準の決定です。応募者のどういった部分について、どのように評価するかを具体的に決めます。 たとえば、≪コミュニケーション能力≫という項目を作り、コミュニケーション能力が何を意味しているか明示した上で、1~5点で評価します。このとき、1点はこういったことがあてはまり、3点ではこういったことができ、5点ではこういったことができるといったように、点数を付ける基準も設けておきます...

続きを読む

グループディスカッション選考のテーマ例

... 【世情・時事問題関連】 ・フリーター、ニートへの有効な対策について ・少年犯罪を防ぐにはどうすればよいか ・少子高齢化時代の労働力確保について   【社会関連】 ・人が働く意味とは ・結婚適齢期はいつか ・学生時代に得たもの   【発想力関連】 ・未成年の喫煙率を下げる施策 ・モテる女性になる条件 ・20代のうちにしておくべきこと ・次に流...

続きを読む

「グループワーク選考」とは?

... グループワーク選考とは、複数人の応募者にグループを組ませ、あるひとつの課題を与えて時間内に解決させるという形式の選考です。課題に取り組むプロセスを面接官が見て、合否を判断します。協調性を計るという意味ではグループディスカッションと似ていますが、グループワークは討論形式ではなく、「新規企画立案」「資料分析、戦略立案を行う」といったように実際の業務・仕事内容に近い集団作業となります。 グループワーク選考の目的  ...
... 選考の目的に照らしてテーマの設定が妥当かどうかを充分に検討する必要があるでしょう。   グループワーク選考のメリット  テーマを実務に近づけることで、企業/業務理解促進、応募者のセルフスクリーニング促進ができる 一度に多くの応募者を評価でき、効率が良い 集団の中での応募者の顔を見ることができる コミュニケーション能力、協調性などの個人面接では見られない特徴を見ることができる ...

続きを読む

面接官の技量が採用の成功に繋がっている

...面接官の技量が採用の成功に繋がっている 面接官の印象で会社の印象が決まる! 応募者と一番多く接点が取れる採用場面は、何度も会うという意味で「面接」でしょう。ですから、採用が成功できたかどうかの一番のポイントは、面接にあると言っても過言ではありません。逆説的に考えると、採用活動における一番の落とし穴が「面接」とも言えます。応募者にとっ...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss