ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

グループ面接 配置

面接実施【手法編】

...面接の目的をはっきりと決定し、人事採用ご担当者様、面接官など採用活動にかかわる全員が共有してこそ面接は有意義なものになります。 個人面接…1人の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループディスカッション/グループワーク…特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価   手段...

続きを読む

面接官の人選は適切だったか?

...な場所かを無意識にチェックしています。面接官はそのことを十分に自覚し、応募者との応答をする必要があります。 また、面接官に依頼をする側の人事としても、応募者の心理的状況とうまくマッチした面接官を配置することが求められます。一般的に、選考初期段階では若手社員が面接官を担当し、その後中堅、最終段階では役員クラスが面接を担当することが多いようです。しかし、それはなぜかということを人事担当者が理解し、...

続きを読む

選考フローの組み立て方

...、その段階で見極めたい要件にマッチした手法を取り入れるとよいでしょう。また採用の効率を考えると、当然ですがエントリーシートや筆記試験、グループディスカッションなど多くの人数に対応できる手法を前段階に配置し、面接の負荷を減らす工夫も有効です。ただし、自社で確認したい要件がそれらのスクリーニング手法では見極められないのであれば、思い切って全員と面接を行うフローを作ってみてもよいかもしれません。 採...

続きを読む

面接の基本3形式

...人一人の応募者について細かい要素の見極めが可能。 応募者にも「じっくり見てもらえた」という納得感を持たれやすい。 デメリット 選考に時間がかかる。また多くの面接官(人的コスト)が必要。 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 メリット 一度に複数の応募者を選考でき、選考にかかる時間と人的コストを効率化できる。 また応募者をその場で相互...

続きを読む

グループ面接(集団面接)

...グループ面接(集団面接) グループ面接(集団面接)とは、個人面接とは対照的に、複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接する手法です。グループ面接の特徴を改めてまとめてみましょう。...

続きを読む

グループディスカッション

...グループディスカッション グループ面接(集団面接)とは、特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価する手法です。グループディスカッションの特徴を改めてまとめてみましょう。 メリット 一度に複数の応募者を効率的に、また比較...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss