ホーム » タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」 » グループディスカッション 面白い テーマ

グループワーク 議題 面白い

面接実施【手法編】

... 面接には、主に下記のような複数の手法が存在します。それぞれに長所、短所があり、会社の状況や求める人物像、そして採用市場の動向に応じて、選考ステップごとに面接の目的をはっきりと決定し、人事採用ご担当者様、面接官など採用活動にかかわる全員が共有してこそ面接は有意義なものになります。 個人面接…1人の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループ面接(集団面接)…複数(一般的には3~4人)の応募者を1人または複数の面接官が面接 グループディスカッション/グループワーク…特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価   手段と目的が逆転していないか? 「あなたの会社では、何のために1次面接をしていますか?」「2次面接の目的は?」という問いに、はっきりと迷いなく答えるのは、実は難しいのではないでしょうか。 ...
... また、ほとんど応募者に存在を知られない企業は、特に初期段階で志望動機を深く聞くなどのハードルの高い選考を課すことや、集団面接のような応募者に「あまり丁寧に見てくれない会社だな」と思われる、志望度を下げてしまう可能性のある選考手法は避けるべきでしょう。「最初からウチのことを志望している応募者などいない」というほどの気持ちで、志望度を上げられるような選考手法を選択することが望ましいといえます。グループディスカッション/グループワークで、業務の疑似体験や実際社内の会議で検討している議題など、応募者の理解を促進し興味を引くような選考を行うのもよい方法です。 また、自社だけでなく、世の中全体として「売り手市場(応募者を集めにくい)」なのか、「買い手市場(応募者を集めやすい)」なのか、業界全体として「人気業界」なのか「不人気業界」なのか、といった動向変化に敏感にアンテナを張り、環境に合わせて選考手法・フローを変えていくことが肝要です。 ...

続きを読む

導入のメリット

...価表レイアウトを用い、人事採用ご担当者様により自由に、簡単に自社オリジナルの評価表を画面上に作成することが可能です。評価表は複数作成、利用することが可能です。新卒採用、中途採用、職種、個人面接、グループワークなど、異なる評価表を用いる場合にも1つのシステムで運用が可能です。 面接官評価傾向分析機能 面接官が記入した評価結果がすべてデータで得られますので、面接官ごとの評価の癖や次選考以降の合...

続きを読む

評価の項目と手法、面接の有効性

...学生が最多数になることが良くあります(下図参照)。 出典:2013年大学生の就職活動ふり返り調査 株式会社 リクルートキャリア 一般的に企業は応募者の魅力付けを会社説明会やグループワークとし、面接は見極めの場としていることが多いにも関わらず、なぜ応募者は面接で志望度を上げるのでしょうか。具体的に志望度が上がった面接としては以下のようなコメントが集まっています。 □た...

続きを読む

選考フローの組み立て方

...価したのかといった理由をなるべくたくさん残していく事が重要ですし、それらをすべて次の面接官へと引き継ぐ仕組みが必要です。   適切な面接回数・時間の設定 新卒採用であれば、筆記試験やグループワークの他に行う「面接」の回数は以下が一般的と言えます。 文系:2~5回程度 理系:2~3回程度 理系の学生は研究活動が忙しいため、拘束時間が長くならないよう選考フローを組み立てるとよいでし...

続きを読む

面接の基本3形式

...な評価になり、一人ひとりの応募者について細かい要素の見極めが難しい。 応募者にも「じっくり見てもらえた」という納得感を与えにくく、志望度アップには向かない   グループディスカッション/グループワーク…特定のテーマについて応募者が議論している様子を評価 メリット 一度に複数の応募者を効率的に、また比較しながら選考できる点はグループ面接(集団面接)(集団面接)と共通。 ネガティブチェック...

続きを読む

「グループワーク選考」とは?

...「グループワーク選考」とは? グループワーク選考とは、複数人の応募者にグループを組ませ、あるひとつの課題を与えて時間内に解決させるという形式の選考です。課題に取り組むプロセスを面接官が見て、合否を判断します...

続きを読む

お問合せ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に問い合わせ
  • タブレット型 面接支援システム「Good Assessor」に資料を請求
rss